最新のファッショントレンドやスタイリングのヒントが満載の、おすすめファッションサイトをご紹介します。

コソボからパテック フィリップへ

ジェブデ氏は生まれながらにして時計職人だったわけではない。1998年、兄と姉とともにコソボからスイスに渡ってきたのだ。学校を卒業後、家具職人の見習いを始めたが、より創造的なプロジェクトを追求できる職業に就きたいと思ったという。

その頃、兄はパテック フィリップの時計職人になっており、自分が学んだ技術を見せ始めた。やがて、ジェブデ氏もパテックフィリップ スーパーコピーの入社試験を受けることになる。そこで、兄と同じトレーナーがついたが、トレーナーは若いジェブデ氏にすぐには感心しなかった。

パテックフィリップ時計スーパーコピー ワールドタイム 5230G-001

2023年のバーゼルワールドで発表された第3世代のワールドタイムの「Ref.5230」。
前モデルの5130の丸みを帯びたケースを一新し、エッジのきいたシャープなケースフォルムとなりました。
ムーブメントにはマイクロローター&ジャイロマックステンプのキャリバー240HUを搭載します。
モデルごとに形状が変化している時針も面白いですね。

「私はとても恥ずかしがり屋でした」とジェブデ氏は言う。トレーナーが兄のレジェップ氏を呼んで「君の弟さんはどうしたんですか?」と聞いてきた。兄レジェップ氏は、弟はシャイなだけで、チャンスを与えれば、きっと印象に残るだろうと説明した。そこで、パテックはジェブデ氏をトレーニング初日に呼び寄せた。

パテックでの研修初日、クラスの全員に1日でひとつのムーブメントを仕上げるよう指示が出された。多くの研修生が丸一日を費やすなか、ジェブデ氏はわずか5時間程度で完成させた。パテックはこれに感心し、その後3年間見習いとして働くことになった。

2015年末、ジェブデ氏はアクリヴィアの工房で兄と一緒になった。その後、アクリヴィアでの7年間で、兄のレジェップ氏がスイスで最も認められた若手独立時計師のひとりに成長するのを目の当たりにすることになる。

ジェブデ氏は、「私たちは仕事に夢中で、すべてがこんなに大きくなっているとは思ってもみませんでした」と語る。「でも、兄弟だからとても仲がよくて、何でも一緒にやっていたんです。やがて、アクリヴィアにとって、物事がうまく回り始めるようになりました。コレクターやメディアは、工房の若い時計作りの才能に注目し始めたのです」。2018年、クロノメーター コンテンポランはGPHGでメンズ賞を受賞。いまや、アクリヴィアの時計を所有する機会を求めて、コレクターが列をなしている。

「コレクターが工房にやってきて、私たちの時計を買ってくれるようになったとき、私たちはこの成功がいかに大きなものかを理解し始めたのです」とジェブデ氏は言う。「私たちにとって、それは何にも勝る情熱でした。情熱を持って仕事に打ち込んでいたから、それがこんなに大きくなったことに気づかなかったんだ」。アクリヴィアとレジェピたちが一夜にして成功を収めたということではなく、時計づくりに対するお互いの情熱に没頭するあまり、目の前にある時計の向こうにあるものに気づかなかった兄弟にとって、そのように感じられたというだけのことなのである。

0 thoughts on “コソボからパテック フィリップへ

  • 腕時計の大きさは、個人の好みやスタイルによって異なります。大きめのケースサイズは存在感を強調し、小さめのサイズはシンプルで上品な印象を与えることがあります。

  • ヨドバシカメラで販売されるセイコーの腕時計に関する情報かもしれません。

  • 約15万円程度の予算で購入できる時計は、中級から上級のモデルを選ぶことができます。高品質なムーブメントやデザインを楽しむことができるでしょう。

  • 50万円の価格帯の時計は、ハイエンドなクオリティとデザインを求める方に向いています。高級素材や技術が使用されており、贅沢な体験を提供します。

  • オーデマピゲの銀座店舗では、高級腕時計が展示・販売されています。

  • このデザイン界の大物は、30年間にわたってエントリーモデルの美観を向上させてきた。

  • BR05を見てまず目を引くのはケースデザインだ。幾何学図形の「丸」と「四角」は、ブランドのアイデンティティとして従来のBRシリーズでもケースデザインに採用されてきたが、BR05では、柔らかな曲線を描く「四角」の中に「丸」を配置。「四角」と「丸」の新たなコンビネーションによって、強さと優雅さを兼ね備えたスタイルを追求した。

  • クエルボ・イ・ソブリノスが日本限定モデル「ヒストリアドール・ルナ」を発表 より:

    クエルボ・イ・ソブリノスから、過去のヘリテージと現代を融合させたディテールが魅力の「Hilistoriador

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

時計コレクターおすすめサイト
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
2024年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
タグ